Malong's Travel

主に鉄道・飛行機の撮影レポートや情報、また旅行関連のおすすめ情報など多岐に渡る情報プレゼンターです。 

カテゴリ: 飛行機

こんにちは、まーろんです。 今回は、こないだの日曜日に羽田空港に少々久しぶりに撮影しに参りましたので、そのときの記録も見せつつ、第二ターミナル展望デッキより撮影できる飛行機、またそのアングル等を紹介します。
羽田空港から帰省される方、また東京へ旅行でお越しされる方なども是非参考ください。

第二ターミナルの目の前にある滑走路は16L/34Rの通称C滑走路といわれていて、こちらは北風時、南風時ともに、主に東北、北陸、北海道方面の飛行機や、東アジア(北京、ソウルなど)や欧米諸国へ飛び立つ飛行機を見ることができます。

IMG_3163
冬に撮ると澄んでいるのできれいに撮れます。

IMG_3211
第二側の滑走路だからといって、ANAしかとばないと言うわけではありません。

IMG_3264

グラウンドハンドリングの活躍も見ることができ、エンジンスタートも見ることができます。

IMG_3306

午後いちばんのお目当てはこちらのルフトハンザドイツ航空のジャンボジェットの便。 カメラを構えたスポッターさんたちもこの時間になるとたくさんこられます。

IMG_3446

羽田はプライベートジェットもたくさん常駐しているのでこれもちょいちょい見れます。

IMG_3761

北京へいく中国国際航空。

IMG_4021

500mmていどの超望遠レンズをつかうと、このようにドアップで狙うこともできます。 いろんなアングルが楽しめてよいですね。

IMG_4058

こちらは札幌行きですかね。

IMG_41789

流し撮りをすると、このような感じになります。 

IMG_4227

わりとちゃんと捕らえることができると、かっこよく仕上がりますね!

IMG_4245

午後にはデルタとかユナイテッド、アメリカンも見ることができます。 出発時刻等はその時期によっても微妙に変わりますので、羽田空港のホームページをご参照ください。 

IMG_4125

B滑走路着陸機は、背景のスカイツリーとうまく絡めて撮ることができます。

IMG_41288

うまくタイミングがあうと、このようにぐっさりと刺せます笑

IMG_4045

D滑走路に下りる飛行機も600mmくらいあれば、まあまあ引き伸ばすことができますが、小さいのであまりおすすめはしません。



というわけで、以上となります。 他にも第一ターミナルや、国際線ターミナルからも撮影することができます。またそちらの方も後々あげて行こうかなとおもうので、そのときをお楽しみにしていてください。

では、また。



こちらをクリックしてもらえると、ランキングの方が上昇しますので、きにいった方は是非お願いします!!

人気ブログランキング


こんにちは、マーロンです。今回は自宅から超望遠レンズであるSIGMA150-600mmを使用して撮影した飛行機をたくさん紹介します。

ソラシドエア 737-800 羽田ー?? 高度13000ftほど
IMG_3040
 
羽田発の上空機は横浜市内からはこのレンズで撮ると結構はっきり映りますね。 

IMG_3041
注)これは空港、またその付近で撮影されたものではありません。

トリミングするとこのように。 肉眼ではちっさく見える飛行機がこのように撮れちゃうんです。


ANA 羽田ー福岡 777-200 高度16000ft付近?
 IMG_3055

これに関しては肉眼では見えなかったです。フライトレーダーを頼りにしとめました。600mmフルで、なんとかANAだということが分かります。


ジェットスタージャパン 成田ー関空 A320-200 高度24000ftほど
IMG_3071

成田発の飛行機も肉眼では米粒ですが、撮影できます。家からジェットスターの飛行機とか撮れるとなんだか興奮してきますね笑

 IMG_3073
トリミングするとこんな感じに。 レジまで見えてしまうという。
中国東方航空 A330-300 羽田ー上海(虹橋) 高度13000FTほど
IMG_3108
先ほどのレンズのレビューにのせた画像でございます。
IMG_3115
トリミングするとこのように。
 
ANA 767-300ER   羽田ー山口宇部 高度13000ftほど
IMG_1098


運がよければこんな並びも。
IMG_0996


上のがこちら。
香港航空 A330-200 成田ー香港
IMG_1000







IMG_1089


デデドン!!



最後にトリミングした写真たちをいくつか。
IMG_1090



IMG_1085


IMG_1092


IMG_1087



IMG_1086



こんにちは、マーロンです。僕は普段鉄道撮影にはきっとレンズであります55-250mmのレンズを使用しているのですが、今回は飛行機撮影で使っている超望遠レンズの150-600mmレンズの威力は如何にどんなものかというレビューが少ないので、紹介しようと思います。
  
ざっと倍率ごとにどんな写真がとれるのか紹介していこうと思います。

①150-250mm程

IMG_3343

こちらは羽田空港の第二ターミナル展望デッキにて撮影した画像になります。 

たぶん多くの皆様はこのようなかたちの写真を撮るかと思われますね。 これは200mmも伸ばしてないと思う

のですが、ちょうどよい感じに収めることができます。この写真みたいな構図でしたらキットレンズのようなあまり

倍率のないレンズでも十分に撮影が可能ですね。

IMG_2789


IMG_2916

この香港シャトルに関しては150くらいですね。

②400-500mm付近
IMG_3356
はい、ここからがこのレンズの本領発揮ゾーンです!!
このレンズを購入する方はこのような画を求めている方々が多いのではないでしょうか?? 空港の展望デッキからでもこのようなドアップのど迫力の写真を収めることができます!!  カレンダーとかはがきの裏とかにも使えそうですね!

IMG_2997


IMG_2967


③500-600mm

IMG_3105
これは空港付近で離陸後の… あ、ウソ付きました笑  実はこれ、自宅からなのです!! 

しかもこの中国東方航空、スペマということは置いといてなんと高度10000FT越えてます!

撮影場所は羽田から結構離れた横浜市内の自宅なので、ぜんぜん空港付近ではないです。もうお分かりいた

だけましたね? このレンズの威力を。  

DSC03227

ちなみに、普通のコンデジとか250mmまでのレンズで撮るとどうがんばってもどうしてもこんな感じになってし

まいます。これじゃあ何の航空会社か分かりませんし、肉眼で見てるのとあんまり変わらないですよね?

600mmのレンズはこういった飛行中の飛行機までしとめることができるのです!! うちの上空は中国行きや

ベトナム行きなどのいろんな海外の飛行機も通るのでもう空港に行かなくても満足!って思ってしまう日もありま

す。

皆さんどうでしたか?飛行機スポッターの方はこの150-600mmがあると家から空港までとかなり撮影の幅が広がり、撮れる写真の幅もかなり広がります。なのでぜひおすすめです!!
それでは!!







↑このページのトップヘ